観光を研究することのたのしさ

”観光”は、現代社会において多くの影響力を持っています。

たとえば「観光」という言葉から連想されるもの-グルメ、お土産品、温泉、など。。 おいしいものをたべるには、それを支える農林水産業が活発でなくてはなりません。
お土産に素敵な伝統工芸品を求めるのなら、地場産業としての第二次産業が成り立っていなければなりません。
消費者(観光客)のニーズにこたえるため、企業が活発に活動することにより、観光産業の市場が活発になります。そして、より価値の高いサービスが提供され、それぞれの産業が活性化します。結果として産業構造のサービス化が促され、地域経済の活性化につながるでしょう。世界各地の目の肥えた消費者である観光客が、地域に価値を求めるからこそ品質のよいものが産業として成立するのです。
観光産業の経済効果を測定した結果があります。全世界的な観光産業の総生産は4兆9,638億ドル(約586兆円)、これは全世界の約10.3%を占めています。(注)

 

 

”観光”という社会現象は複雑です。

鎌倉では観光客が車で押し寄せて渋滞を引き起こし、地元に住む人にとって不便となりました。
ガラパゴス諸島では、観光を商売とする多くの移民が流れ込み、彼らが持ち込む外来種のため、観光の”目玉”であるガラパゴス諸島独特の固有種の存続が危険にさらされています。
一方で、こんな例もあります。
伝統文化とリゾートで人々を魅惑するインドネシアのバリ島は、ケチャやバロンダンスといった伝統芸能が観光の目玉となっています。1930年以降、西欧から来た芸術家、学者などが廃れつつあった伝統芸能を発見し、存続させてきました。”観光のまなざし”がバリ島の住民の意識をかえ、伝統芸能を今に残してきたのです。
どうやら観光にはメリットとデメリットのトレードオフがあるようです。
”観光”という現象の表層から見えるもの、その構造に潜むもの。それらを解き明かしていく作業は、”観光”にかかわるすべての人々(ステークホルダー)の、社会、文化をひもといていくことに他なりません。”観光”という現象を対象とする研究の意義はまさしくそこにあります。その作業は必然的にマルチディシプリナリーとなります。多くの研究分野との協業作業により、”観光”を説明し、解釈し、そして批判すること。 ”観光”を研究することは、現代社会を解き明かすことだといえるでしょう。 そこに観光研究の面白さがあるといえるのではないでしょうか。

(注)出典:The World Trave & Tourism Council「Executive Summary TRAVEL & TOURISM CLIMBING TO NEW HEIGHTS The 2006 Travel & Tourism Economic Research」より

 


スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。